平川裕貴ブログ

YouTube子育てアドバイス ⑨子どもは社会からの預かりもの 一人前に育てて社会に返す

2019年6月15日

日本欧米いいとこどり育児のススメ

今回は『⑨子どもは社会からの預かりもの 一人前に育てて社会に返す』

 

前回の『子育て18年定年制のススメ』もそうですが、親も子どもも、自分の人生を生きると言うことにつながっています。

18年で子育てを終えたからと言って、また子どもを社会に返すと言ったからって、別に子どもとの縁が切がれるわけではないし、切りなさいと言っているわけでもありません。

子どもとの絆は一生消えません!

ただ、子どもが社会に出れば、一人前の大人と大人としての付き合いが始まるということ。

親におんぶに抱っこの子どもではなく、子どもに干渉する親でもなく、お互いを認め尊敬しあえる関係になろうということ。

人々が考え方を少し変えるだけで、社会は変わるんじゃないかと思っているのですが、私は昔から理想主義者と言われています(笑)

小さな小石しか投げられない私ですから、小さな波紋しか起こせませんけど、自分ができる方法でやるしかないですから。

Step by step です。

 

アーカイブ

メニューを閉じる



メニューを閉じる