ご両親の声

Voice

リリパット・リトルキンダーでは、保護者の方々より数々のお便りを頂いております。
こちらのページでは、お寄せいただいたメッセージの一部をご紹介いたします。

M・Iさん


娘をお願いしたころの私を振り返ると、子育ての自信もなく、目の前で起こることに右往左往しながらのドタバタでしたが、どこかゆるぎない裕貴先生のあたたかさ、力強さに、子ども達を見守っていただけることの安心さに救われていた6年だったと思います。先生がメディアでおっしゃっていた「子育てで待つことの大切さ」を母10年目にしてようやくわかりかけてきたように思い、また、私がリリパットに子ども達をお願いした理由も見えたように思います。子ども達以上に、リリパット卒業は私にとっても寂しく心細さもありますが、次のステップに向けて親子ともども頑張っていこうと思います。6年間本当にお世話になりました。

M・Hさん


娘が幼稚園に入る年になった時、漠然と私の中に、幼稚園を卒園する時にこういう風になっていてほしいという夢が二つありました。一つは遊びながら学べる間に英語を学ばせて英語が少しでも話せるように、そして英語が好きになっていてほしいということ。もう一つは、しっかりと見つめてもらえるような環境の中で、情緒の安定した子供になってほしいということでした。そして、恥ずかしがり屋だけど自分を出せる環境におきたいとも思い、リリパットに連絡したことを覚えています。

卒園を迎えて、そのすべてが120%、想像していた以上に叶って、親として感謝の気持ちでいっぱいです。入園したころの娘を思い出すと、声も小さくもじもじとしていた初めての参観日が思い出されます。でも、今は堂々と自信に満ち溢れた笑顔で、そんな笑顔を見るたびに、リリパットに通ってよかったと、心から思ってまいりました。英語も楽しいレッスンのお陰で、思った以上に話せて書けるようになり、小学生になっても英語を学んで行ける道筋がしっかりできたと思います。リリパットでは、裕貴先生達の温かい眼差しに守られ、たくさんのことを学び、時には叱っていただき、これからの人生において、これ以上ない土台作りができました。親だけでは到底無理だったと、大きな力を貸していただいたと心より感謝しております。

K・Kさん


いろいろな英語教室に行かせましたが、息子、そして親共に納得して通ったのがリリパットです。よほど好きだったのでしょう。どんな天候であろうと行きました。たくましくなったなあ~、裕貴先生やお友達のおかげだな~と思っていました。リリパットはアットホームなので、英語を習っているというより、英語を話す家にいるようです。習うのではなくて、自然に英語が身についているなんてすごいです。

息子の小学校の友達をサマースクールやウインタースクールに誘うのですが、小学生になってからでは、英語や外国人となると、構えてしまうのでしょうね、嫌がられます。やはり、小学生に入るまでに英語にふれさせるのが、一番自然に入ってくるのではないでしょうか?小学校では、帰国子女で会話に困っている友達に英語で話しかけたりしています。英語が聞き取れない、話せないということは、私の中で一番悔しくて、行動の制限があったことだから、息子にはそんな思いをさせたくありません。裕貴先生のもとにずっと通わせたいです。

N・Uさん


私は幼稚園と保育園の教諭経験の中で、子どもが小さいうちは、自然のたくさんある環境や、保育者の資質などが重要であると常に思っていました。また夫婦ともに英語教育にも関心を抱いていましたし、これから日本人にとって英語教育がいかに必要かという説明会にも行き、その必要性を強く感じさせられ、それらを満たす幼稚園への入園を考えるようになり、リリパットも見学候補の一つに入れました。様々な園を見学し、そこで思ったことは、私自身がその園に子どもを入れて満足できるか?ということです。

リリパットの見学では、子ども達の瞳がいきいきと輝き、健康でのびのびし、縦横のつながりの中にあって、それなりに自分の意見を述べている姿が頼もしく、今まで感じたことのないほのぼのとした世界と、小さな教室が子ども達の存在で大きく広く感じさせられました。私は、その子ども達に憧れを持ちました。主人もそう感じたと思います。何より重視したことに、保育にも携わっておられる裕貴先生が、子どもを深く愛されていると感じたからです。息子は寝言を英語で言うくらいに語学力も自然に培われ、先生の愛情のもとで、生活マナー、道徳などたくさん学び、とにかくリリパットが大好きで、毎日を楽しんでいました。

Y・Hさん


私の性格上、妥協はしたくないという思いから、さまざまなプリスクールをネットで検索して、資料請求、実際の見学など、納得いくまで探し回っていました。その中で感じたのは、企業であればそれありきと言ってしまえばそれまでですが、どこも利益第一主義を感じさせるスクールがほとんどでした。でも、そんな中、リリパットだけは他のスクールにはない、別の光るものを感じたのです。それは、“何よりも子どものことを一番に考えてくれている”ということでした。

私はリリパットに見学に行った時の忘れられない感動を、今でもはっきり覚えています。まだ、小さな4,5歳の子ども達が、とてもい生き生きと目を輝かせながら、先生の話をしっかりと聞き、なおかつとても子どもらしく楽しみながら、何事も積極的に取り組み、子ども同士も、一人一人がお互いに思いやりを持ちながら接している姿は、本当に印象的でした。我が子もこんな風に育ってほしいいと強く感じたのを覚えています。決して厳しい躾をして子ども達がおりこうさんにしている、といった印象ではなく、心から相手を思いやり、一人一人の存在を大切にして、自然とそれが行動できているといった感じでした。

決して大勢の中の一人で終わることなく、一人一人の個性を尊重しながら、しっかりと心の教育をしてくれるリリパットへ通い学び得たものは、子どもにとってもかけがえのないい宝物だと思っています。今でも、「学校はとても楽しいけど、一番好きなのはリリパット!」だと言っています。学校の先生からは「とてもユニークな発想の持ち主で、クラスを盛り上げてくれる。そしていつも積極的に発表してくれて助けられます」と言われ、そんな前向きな性格になったのも、リリパットから与えられた環境で培ったものだと思っています。

小さい頃の大切な時期に、感受性豊かに大切なものをたくさん教えてもらえるリリパットに出会えたことを神様に感謝したいです。

メニューを閉じる



メニューを閉じる