平川裕貴ブログ

車は弾丸と同じ、凶器になる!

2019年5月8日

幼児が巻き込まれる痛ましい交通事故が続いています

先日の池袋の暴走事故の痛ましさに、胸を締め付けられた人も多かったでしょう。

そんな中、また今日も幼児が巻き込まれる痛ましい事故が起こりました。

保育園の子ども達のお散歩中に起きた事故。人事とは思えません。

 

最近は、車が増えたので外の公園にはほとんど行っていませんが、以前は、近くの公園に子ども達を連れて行っていたことがあります。

その時は道中とても緊張していました。

いくらこちらが気をつけて、道路の端を歩いていても、突っ込んでこられたらどうしようもないからです。

 

子ども達にはいつも、「運転手、前見ているとは限らない」という標語を覚えさせて、車を運転している人が必ずしも歩行者に気づいてくれるとは限らないと教えています。

それでも、池袋の事故も今回の事故も避けようがないです。

ルールにのっとって、青信号で横断歩道を渡り、赤信号でちゃんと待っていたのですから。

被害に遭われたご家族には、心からお悔やみ申し上げます。お気持ちを想像しただけで涙が出てきます。

 

これだけ車が増えている社会ですから、事故が起こる確率も上がります。

横断歩道を歩いていても事故に巻き込まれる時代になってしまいました。

人身事故は、加害者にとって幸せな人生は終わったも同然になります。

加害者は、死ぬまで自責の念や後悔にさいなまれることになるからです。

そしてもちろん被害者にも、大事な家族を失った悲しみや喪失感を与えることになるのです。

 

車を運転する人、私も含めて、運転する時は、「車は弾丸と同じ、凶器になる」ということを心して、気をつけましょう!

 

アーカイブ

メニューを閉じる



メニューを閉じる