創作童話

7.愛情コミュニケーションのすすめ

子育てにおいて、スキンシップとともに大切なものが

お母さんの言葉がけです。

私は、お母さんの愛情ある言葉がけを、愛コミと名付けました。

 

愛コミは、子どもの精神的な安定や知的発達を促します。

 精神的安定とは、辛いとか悲しい、苦しいとか悔しい、

怒りとか憎しみといったネガティブな感情をコントロールできる

ことです。

残念ながら、今の日本には、こういったネガティブな感情を

コントロールできない子どもが増え、

子どもによる犯罪が多発しています。

そして、楽しいとか嬉しい、幸せとか喜び、やさしさや思いやりといった

ポジティブな感情を豊かに表現できることでもあります。

「嬉しい!」とか「楽しい!」といったポジティブな感情は、

積極的に人と関わり、社会的な活動に参加しようという

姿勢を生み出します。 そういう姿勢を持った人は、

周りの人に愛され、必要とされ、可愛いがられます。

また、満足感や達成感といった感情は、むずかしいことに挑戦する

チャレンジ精神や、物事に対する集中力や、物事を成し遂げる

忍耐力などを生み出すもととなります。

すなわち、学ぶことを楽しみ、学んだ知識を知恵として

活かすことのできる、本当に賢い子どもに育つのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、もちろん言葉を理解できません。

でも、お母さんの言葉がけに、脳は敏感に反応しているのです。

長い子育て期間の中では、赤ちゃんの時が、唯一、

一方的な言葉がけができる時期でもあります。

赤ちゃんのうちに、思いきり、明るくポジティブな言葉をかけて、

良いイメージを与えてあげましょう。

メニューを閉じる



メニューを閉じる