創作童話

4.機嫌の良い時は脳が育つチャンス

赤ちゃんが機嫌良くリラックスした状態の時は、アルファー波という脳波が

でています。アルファー波状態の時は、免疫力や集中力が高まり、

脳がもっとも効率良く働き、最大限の力を発揮できると言われています。

このチャンスをお母さんも大いに利用しましょう。

赤ちゃんの身体に触れながら

「これ○○ちゃんのおてて。ママのお指つかめるかな?」

「これ○○ちゃんのあんよ。しっかりたっちできるといいね」

「これ○○ちゃんのおはな。いいにおいかげるかな?」

「これ○○ちゃんのおめめ。ママの顔見えるかな?」

「これ○○ちゃんのおくち。いっぱいお話できるかな?」

「これ○○ちゃんのおむね。おいしい空気いっぱい吸おうね」

「これ○○ちゃんのおなか。丈夫なおなかにしようね」

半年を過ぎたら、少し高度な言葉がけをしていきましょう。

「これは○○ちゃんの手。指が5本あるね。 (指を触りながら)親指さん、

人指し指さん、中指さん、薬指さん、小指さん」

「これは○○ちゃんの手。(握手しながら)ママと握手しようね」

「これ○○ちゃんの手。(両手を持って)こすってみよう。 たたいてみよう。 ママのお顔をはさんでみよう」

「これ○○ちゃんの足。 足にも指が5本あるよ。(手の指と同じように)」

「これは○○ちゃんの足。(両足を持って)歩いてみよう。 走ってみよう。 ママのおててでジャーンプ」

「これは○○ちゃんの目。 ママの顔もパパの顔も見えるよね」

「これは○○ちゃんの目。 きれいなお空も、かわいいお花も見えるかな?」

「これは○○ちゃんのお鼻。 おいしいご飯のにおいがするね」

「これは○○ちゃんのお鼻。 ママのにおいわかるかな?」

「これは○○ちゃんのお口。 いっぱいおしゃべりできるかな?」

「これ○○ちゃんのお口。 おいしいものいっぱい食べようね」

 言葉をかけるのに早すぎるということはありません。 

愛タッチと愛コミを同時に与えてあげると、さらに効果的です。

メニューを閉じる



メニューを閉じる