創作童話

3.ぼくは生まれて3ヶ月

ぼくはね、お母さんに触られるのが大好き

だって、とっても気持ちいいんだもん。

あんよでしょ。 おなかでしょ。 おしり

でしょ。 おむねでしょ。 おててでしょ

いっぱい触ってほしいなあ。

お母さんのおなかから出てくる時、ちょっとヌルヌル

したお水と一緒に出てきたでしょ。 だからとっても

狭い道を通り抜けられたんだよ。

実はね、ギュ―とされるのは気持ちいいんだよ。

もちろん強すぎたら痛いけどね。

お母さんもきっとそうでしょ。 マッサージって

いうんでしょ。 身体をさすってもらうこと。

ぼくにもあれは気持ちいい。 マッサージしてもらうとね、頭の中で、何かが動くんだよ。 バチバチって。 今はね、バチバチがいっぱい欲しいんだ。

だから、これからずっと、ぼくの身体をさすり

ながら、ぼくに話しかけてくれないかなあ。

お母さんがかけてくれる言葉は何でも好きだけど、

ぼくが幸せな気分になれるのはね、たとえば、

ぼくの身体をマッサージしながら、

「ゆう君はかしこいねえ」

「ゆう君はかっこいいね」

「ゆう君のあんよ強くなーれ」

「ゆう君のおなか丈夫になーれ」

ってほめたり励ましてもらうことなんだ。

そしたらね、ぼく、本当に強くて賢くてカッコよく

なれるような気がするんだ。

それにね。 いろんなお話も好きなの。

「アッ。 今鳥さんが鳴いたね」

「ほら見て、お花きれいでしょう」

「おなかすいたかな。 ミルク飲みたいね」

「さあ、晩ごはん作ろうね」

「お父さん帰ってきたよ。 お帰りなさ~い」

あー、やっぱりお母さんの声は最高!

メニューを閉じる



メニューを閉じる