創作童話

9.ぼくは生まれて9ヶ月

ぼくは、どんどん成長しているよ。 自分でもわかるよ。 だって、いろんなことがわかるようになってきたんだもの。

ぼくは、お母さんと遊んでいる時は、とっても楽しくて幸せな気分になるよ。 でも、お腹がすくとなんだか腹がたってイライラするんだ。

ずっと周りを観察していると、周りの人達も楽しそうだったり、怒っていたりするね。 それがわかるようになったんだよ。 ぼくが、食べ物を落っことした時、お母さん、「あーあ」って悲しそうな声をだすこともね。 ぼくがハイハイで、あっちこっちに行けるようになってから、お母さんの悲しそうな「あーあ」が増えてきたよね。

きっと、ぼくがいろんなものを取り出したり、触るようになったから、おかあさんたいへんなんだね。 ぼくはまだ後片付けできないものね。 それに、小さな物を口に入れちゃうから、お母さん不安で、ぼくから目をはなせないもの。

ごめんねー。

今はどんなものか覚えるだけで精一杯なんだ。 この世の中には物があり過ぎるよ。 フー。 でも、最近は、手や足が自分の思うように動かせるようになってきたから、お着替えの時には、協力しているつもりなんだけどね。

それからね、お母さん、いつもいっぱい声をかけてくれてありがとう。

「朝だよー、カーテン開けよ、シャシャー」

「ごはん食べよ。 おなかペコペコだね」

「お散歩しよう、ゴーゴーゴー」

「車だぞー。 ブルンブルン」

「お着替えするよ。 お顔出て来い、バー」

「お馬にのるよ。 パッカパッカパッカ」

「おふねだギッコン、おふねだバッタン」

「オムツ替えるよ。 キレイキレイ」

「ゆう君のおなかをポンポコポン」

お母さんってほんと面白い!!

メニューを閉じる



メニューを閉じる