創作童話

5.ぼくは生まれて5ヶ月

ぼくも、ようやく音が出せるようになってきたよ。 なんとか、「ウー」 「ブーブー」 「マンマ」くらいは出るようになったよね。

音を出すのってたいへんなことだね。 唇とか舌をどうすれば、どんな音が出るのかまだかわからない。 音を出すために口から空気を出すのも結構むずかしいんだよね。 そう言えば、お父さん、昔トランペットを吹こうとしたけど、音が出なかったって言ってたよね。

今のぼくは、それと同じようなものかなあ。

それからぼくはね、今周りにあるものが珍しくてしょうがないんだ。 ぼくの手もだいぶ動くようになったでしょ。 物もつかめるように

なったしね。

硬い物や柔らかい物、ツルツルした物やザラザラした物、大きい物や小さい物など、いろいろあるね。 なめてみるとよくわかるから、ぼくは何でも口に持っていくよ。

時々お母さんが、あわてて

「これはダメよ」

「あぶない!」

って言ってるのも、なんとなくわかるよ。

でもね、何があぶないのか、どれがあぶないのかはわからないんだ。 だから、その都度

教えてね。 それも、ぼくの勉強だからね。

ぼくの周りは、初めて見るものばかり。

いっぱいあり過ぎてなかなか覚えられないけど、あきらめないで教えてね。

とりあえず、「ダメ」とか「あぶない!」とか言われた時は、ストップしようと思うけど、その後はどうしていいかわからない。

ぼくから取り上げて、ぼくが触ったらダメなものは、ぼくの手の届かない所に隠しておいてくれるとありがたいなあ。

お父さんはうっかり屋さんだから、特に注意してもらわなきゃね。 毎日使うものもいっぱいあるから、むずかしいと思うけど・・・

メニューを閉じる



メニューを閉じる