創作童話

4.ぼくは生まれて4ヶ月

ぼくは、よく泣くけどごめんね。

ぼくの泣き声は、みんなが好きな音楽みたいに素敵じゃないから、周りの人が不愉快に思うこともあるみたいだね。 だから、外でぼくが泣いたりするとお母さんが、とても気を使っているのがわかるんだ。

ぼくの声が、「ホーホケキョ」って鳴く鳥さんみたいにかわいい声だったらよかったのにね。 でもね、ぼくの泣き声がすごーく心地よかったら、みんなずっとぼくを泣かし続けるでしょ。 そうするとぼく困るんだ。 今のぼくには、やってほしいことを伝えるのに、泣くしか方法がないんだもの

「お腹すいたからミルクちょうだい」

「ウンチしたからオムツ替えて」

「暑すぎるから、洋服一枚脱がして」

「毛布がチクチクするからいやだ」

「耳のそばで、ブーンブーンって音がしてうるさくて眠れないよ」

「なんか変な匂いがするよ」

「足がかゆいからかいてー」

「お母さん抱っこしてほしいよ」

「お母さんの声が聞きたいよ」

「知らない顔が、目の前に突然現れたから、ビックリしたなーもう」

「運動不足だから、ちょっと泣かせてね」

「なんだか、気分が悪いんだけど・・・」

「身体が熱くてたまらない・・・」

「お母さんそばに来て。 不安なんだ」

「なんか変! ぼくを病院に連れていって」

我ながらもどかしいなあ。 これでも、泣き方を変えているつもりなんだけどね。

でもね、お母さんは毎日しっかりぼくを見てるよね。 だから、ぼくの言いたいことは、ほとんどわかってくれているから安心して。

メニューを閉じる



メニューを閉じる