創作童話

2.きれいに咲かせる方法はあるの?

私達は、塩や砂糖が身体に必要なものだと知っています。

でも同時に、それらを取り過ぎると、身体に害があることも知っています。

肉や野菜などに含まれる栄養分もある程度わかります。

ですから、それらの食品をバランスよく取ろうと心がけます。

それと同じように、子育てにおいても、必要な栄養分もあり,

与え過ぎると害になるものもあるのです。

*親が何でも子どもの望むようにしてやると

わがままな子どもになります。

甘やかしは、他の人達と分かち合うということのできない

人間にしてしまいます。

 

*親が子どもに過度の期待や要求をし過ぎると、失敗する度に

自分はダメな人間だと思い込んでしまいます。 

自分に自信が持てない人間にしてしまいます。

 

*親が子どもを守ってやり過ぎると、いつまでも自立できません。 

過保護は精神的に弱い、頼りない人間にしてしまいます。

 

*親が過度に心配し過ぎると、子どもまで心配症になってしまいます。 

いつも不安を抱えた神経質な人間にしてしまいます。

子どもを愛するがゆえのお母さんの行為が、逆に子どもを

ダメにする場合もあるのです。

「こうしたらこうなるよ」という因果関係を知り、プラスの面だけではなく、

マイナス面も知らなければ的確な判断はできませんね。

今のお母さんに必要なのはそういう情報ではないでしょうか?

これから、子育てが始まるお母さんには、言わば予防医学として、

子育て中のお母さんには対処法として、海外の子育て事情も

参考にしながら、子どもという花をきれいに大きく

咲かせる方法を考えていきましょう。

 

メニューを閉じる



メニューを閉じる