創作童話

18.今は怒る時?  その2

それから、泥んこ遊びで洋服を汚した時も、きっと

「もー、また汚してー!」と怒鳴りたくなるでしょう。

子ども服もバカにならない値段がします。

それを、次から次へとドロドロにされるのです。

しかも、洋服だけならまだしも、それで家の中に入ってきますから、

きれい好きのお母さんにはたまりませんね。

結婚したら、おうちをこんな風にしたいと、

インテリア雑誌を見ながら、夢を膨らませたことでしょう。

モデルルームのような家、いつもきれいにしておきたい。

そんな思いを無邪気な笑顔で踏みにじる小さな天使。

 でも、泥や土は知育玩具だと思いましょう。

今は、泥んこ遊びができる環境も少なくなりましたが、土と水は

いろいろなことを教えてくれます。 土の量と水の量の違いで、

手で握れる硬さや握れない硬さに変わります。

握る時の掌の力の入れ加減を学ぶこともできます。

昔の人が皆、おにぎりを上手の握れたり、雑巾をしっかり絞れたのは、

泥んこ遊びのお陰だと私は思っています。 洗濯する度に、

「泥の数だけ経験した」「これで、シナプス(神経回路)増えた」

と思いましょう。

とにかく、子どもがわざとしたことではない場合は、

どなり声をあげる前に、大きく息を吸いましょう

深い呼吸はリラックス効果があります。

コップ一杯のお水を飲むのもいいかもしれません。

不必要な怒りの感情は水に流しましょう。

それでも怒鳴ってしまいそうになった時は、鏡を見てください

どの部屋にも鏡を置いておくといいかも知れません。

そして自分に問いかけましょう。

「今は怒る時?

もしかしたら、そこには、自己嫌悪に陥っている自分が

写っているかもしれませんよ。

怒鳴りまくったら、後で必ず自己嫌悪に陥るでしょう。

イライラしてしまった自分に、怒鳴ってしまった自分に、

手をあげてしまった自分に・・・

メニューを閉じる



メニューを閉じる