創作童話

17.ぼくは生まれて17ヶ月

ぼくはね、お母さんが「いないいないバー」をしてくれたり、お父さんが「たかいたかい」って

持ち上げてくれたりすると、なんだか、

笑いがこみ上げてくるんだ。

楽しいってこういうことなんだね。

それから、お母さんの子守唄を聞いたり、きれいな音楽をかけてくれたり、鳥さんの鳴き声を聞いたりした時は、とても落ち着いた気分になるんだよ。

お外に出て、きれいなお花を見たり、お母さんが

お年寄りに「大丈夫ですか?」って声を

かけたりするのを見た時は、ぼくもなんだか

やさしい気分になるよ。

ぼくが、たっちして歩けた時、靴下を自分で

脱げた時、おもちゃで上手に遊べた時、

お母さんがすごくほめてくれるでしょ。

そしたら、とてもうれしい気分になって、

「もっと、やりたい」「もっとやろう」

「もっとがんばろう」って思うんだ。

でもね、ぼくが触ってはいけないものを触った時、「ダメ!」って叱られるでしょ。 そしたら、

ちょっと泣きたい気分になるんだ。

悲しいってことかな、これ。

好きなおもちゃをお友達に取り上げられた時は、

悲しいよりもっと強い気持ちになるんだ。

「それ、ぼくんだ!」って叫びたくなるんだ。

「あれあれ、そんなに怒らないで」ってお母さん

ぼくに言うから、怒るってこんな気分なんだね。

いろいろな気分って勝手に出てくるんだよね。

 どこから出てくるんだろう?

ぼくには止められないよ。

大人には止められるのかなあ?

周りのことがいっぱいわかるようになったでしょ。 周りの出来事で、うれしくなったり、悲しく

なったりするんだね。

ぼくは毎日、毎日いろんな気分を味わうよ。

これってきっとすごいことでしょ?

メニューを閉じる



メニューを閉じる