創作童話

15.寝ている時も聞こえてる!?

アメリカの大学には、睡眠中、意識は失われているが、脳は起きている時と

同様に興奮しているという説を唱えている博士がいます。

また、顕在意識は寝ている時は休むが、潜在意識は24時間目覚めている。

寝ている時に与えられた情報は、直接潜在意識に受け取られ記憶される

と言う研究もあります。

ある人が、子どもが寝ている間、音楽のテープを流しておいたら、朝起きた子が、その音楽を口ずさんだそうです。 でも、その音楽は、それまで一度も、

その子に聞かせたことのない音楽だったと言います。

これらの研究結果は、世界中で「睡眠学習」として、

音楽や語学学習に活用されています。

いつも夜遅くにしか帰れないお父さんは、子どもの寝顔しか

見られないかもしれません。でも、帰ってきた時に、

ぜひ子どもに声をかけてあげましょう。

「おお、今日もかわいい寝顔だね」

「今日は何かおもしろいことあったか?」

「パパ、お仕事がんばってきたよ」

「しっかり寝て大きくなれよ」

「○○はパパに似て強くなるぞ」

「あんまりママを困らせるなよ」

「日曜には一緒に遊ぼうな」

とでも言ってあげるといいでしょう。 子どもにはお父さんとのかかわりも

必要なのです。普段顔を合わせる時間の少ないお父さんの愛情もしっかり

潜在意識に記憶させましょう。

ただ、もしかしたら、夜中のお父さんとお母さんの会話を、子どもの脳が

聞いているかもしれないのですから、気をつけないといけませんね。

2人目の子どもができた時など、まだ子どもには知らせていないのに、

突然赤ちゃん返りが始まったり、精神的に不安定になることがあります。

また、夜中にお父さんとお母さんが大ゲンカした翌朝は、子どもの機嫌が悪い

という話も聞きます。 敏感な子どもは何かを感じとっているのでしょう。

メニューを閉じる



メニューを閉じる