創作童話

12.ぼくは生まれて12ヶ月

ハッピーバースデー!

ぼく生まれて1年たったんだね。 すごい!

お父さんが大きなケーキ買ってきてくれたね。大きなろうそく一本たてて、火をつけてくれたね。 炎ってゆらゆらしてきれいだね。

ぼくが触ろうとしたら、お父さんがあわてて止めたから、炎って触ってはいけないものなんだね。 たしかにちょっと熱かったなあ。

バースデーケーキの生クリームおいしかったなあ。 お母さんのミルクの味に似ていたよ。 最近、お母さんがいろいろなものを食べさせてくれるから、味の違いもわかるようになってきたよ。

時々お父さんが面白がって、ぼくの口にお父さんの食べているものを入れてくれるでしょ。 中には「うえー」って思うものもあるよ。

お父さんはおいしそうに食べているけど、ぼくには変な味としか思えないよ。

ぼくの好きな味といやな味があるよ。 ぼくの観察によると、お父さんも時々食べないで残している食べ物あるよね。 エヘン。

なんでも食べないと元気になれないのにね。

ぼくは、身体がますます動くようになって、うれしいんだ。 たっちができたの知ってるでしょ。 今はね、足を踏ん張る練習してるの。 片方ずつしっかり踏ん張れたら、お父さんやお母さんみたいに、たったまま動くことができるでしょ。 もうちょっとなんだ。

お母さんが、ぼくのあんよをマッサージしてくれるから、筋肉がいっぱいついているような気がするよ。 マッサージをずっと続けてくれてありがとう。

ぼくはね、動くことも大好きだけど、お母さんが読んでくれる絵本も好きなの。 きれいな色で、ぼくの知っている絵がいっぱいでてくるでしょ。 ぼくが指差したら、お母さんがその名前言ってくれるよね。

「ああ、そうだ、そうだ」って思い出すの。

メニューを閉じる



メニューを閉じる