創作童話

はじめに

ぼくは生まれてきたよ。

お父さんとお母さんをえらんでね。

ずっと待っていたんだ。 お父さんとお母さんが仲良くして、ぼくがこの世に生まれてこられるように、ぼくの身体を創ってくれるのを。

お母さんのおなかの中は、とっても気持ちよかったよ。 お母さんはいつもぼくを

守ろうとしてくれたね。

ぼくは知ってるよ。

お母さんが、とても気分が悪くなって、何度もトイレに駆け込んでもどしたこと。

だんだん身体が重くなって、動くのが

たいへんだったこと。

おなかの中のぼくのために、クラシック音楽を流してくれていたこと。 いつもおなかの中のぼくに、明るい声で話しかけてくれたこと。

ぼくがお母さんのおなかをけったら、お父さんと二人で大喜びしていたね。 ククッ(笑)

ぼくが、あんまり早く外へ出たがるもんだから、お父さんが大慌てで病院に連れていって

くれたよね。

でも、お母さんが一番たいへんだったのは、やっぱりぼくを生む時だったよね。

お母さんが苦しんでいるのが、ぼくにもわかったから、とってもつらかった。 ぼくが、お母さんのおなかの中にずっといれば、お母さんは苦しまずにすむのかなぁとも思ったんだ。

でも、お父さんもお母さんも、ぼくがこの世に出てくるのを心待ちにしてくれていたでしょ。 それもわかっていたから、ぼくも一生懸命

出てこようとがんばったんだ。

ぼくは、これから、いろんなことをいっぱい学んで大きくなるよ。 ぼくには、お父さんとお母さんの助けが必要なんだ。 ぼくがお話できるようになるまで、お願いがあるんだけど、 聞いてくれる?

メニューを閉じる



メニューを閉じる