創作童話

26.加点式子育てのすすめ   その2

子どもが2・3歳になって物事がわかってきたら、愛コミの一つとして、

親子で点数をつけていくというのもいいかと思います。

わざと悪いことをした時などには、減点しても構いません。

「○○ちゃん、すごい! 今お靴自分ではけたね。

じゃあ、ママ5点あげるね」

「今、ママのお手伝いしてくれたから、10点あげよう」

「あらら、今、ママの言うこと聞かなかったね。 3点引いちゃおう」

「今日は昨日より点数いっぱいたまったね。パパに報告しなきゃね」

「あれー。 今日は昨日より悪いぞー。 明日は、

今日の分もがんばらなきゃ」

 点数は、人と比べるためのものではありません。 

自分への挑戦、自分との競争なのです。 昨日の自分より成長すること。

これが目標です。

人間は弱いものです。 がんばるには何か励みになるものや

ご褒美が必要です。

チャレンジシートでも、がんばりチャートでも、通信簿でも名前は

何でも構いません。 壁に大きく貼ってもいいでしょう。

家事にしても、子育てにしても、区切りがありませんね。

毎月集計するなどして、お母さんにも励みになって楽しめるような

工夫をしてみましょう。

そして、もし先月よりいい点を取ったら、小さなご褒美をあげましょう。

その都度小さなプレゼントをあげてもいいですし、ポイントをあげて、

ポイントが何点か貯まったら、自分の希望のものがもらえるという風に

してあげてもいいでしょう。

ただし、あまり細かく神経質にならないこと。 何でもかんでも

すぐにうまく出来るわけではないのですから、出来ないということも

受け入れ楽しむ余裕が必要です。

出来ないことや失敗したことも諦めないで「明日またがんばろう」

と思わせるように愛コミしてくださいね。

メニューを閉じる



メニューを閉じる