創作童話

24.叱るのと同じくらい褒める

必要な時に叱ることはとても大事なことです。

叱られて初めて、子どもはしてはいけないことを学ぶのです。

教えてあげなければ子どもにはわかりません。

でも、叱ることと同じくらい大切なことがあります。 

それは褒めることです。

子どもは、知能はもちろん、手足の筋肉もすべて未発達です。

大人と同じようにできるはずはありません。

物を持つのも掴むのも、服を着るのも靴を履くのも、

子どもにとっては重労働です。

トロトロ、ノロノロかもしれませんが、余程急ぐ時でなければ、

辛抱強く待ってあげましょう。

待てずにやってしまうと、いつまでもできないし、やろうという

意欲さえなくなってしまいます。

「できない」「ママやって」がひどくなる一方です。

早いうちから、できるだけ自分でやる訓練をしていきましょう。

たとえば、公園に遊びに行く時などがチャンスです。

「ママが、戸締りしている間に靴をはいてね。

○○ちゃんが自分で靴をはけたら、早く遊びに行けるからね」

うまくできない時も、手助け程度にしておきましょう。

そして、ちゃんと履けた時は、

「うわー、ちゃんと履けたね。 すごーい!」

「上手に履けたね。 今度はもっと早く履けるかもね。 そしたら、公園で

もっとたくさん遊べるね」

後片付けや洋服を着るのも同じです。

褒められるのは、叱られるよりずっと気持のいいことです。

子どもはママに褒められたいために一生懸命やるでしょう。

「豚もおだてりゃ木に登る」

大人だって、褒められたら、張り切って頑張るものです。

私は、教室でもこのホメホメ作戦をよく使います。

子どもが何かを上手にできた時は、手を叩いて喜んであげます。

にこにこする子、照れくさそうにする子など、いろいろですが、

小さいうちは、ほとんどの子どもに効果があります。

自分でさせる―できたら大げさなくらい褒めてあげる―

次のステップ(目標)を示唆する、 この繰り返しです。

メニューを閉じる



メニューを閉じる