創作童話

23.悪ガキを良い子に変える大作戦  その3

*タイムアウト作戦

数分間、子どもを、何もさせない状態にして反省させる作戦

褒めたり、叱ったり、言い聞かせたり、いろいろ手を尽くしても、

子どもはそう簡単に言うことを聞いてくれません。

知恵がつくと大人顔負けの口答えもします。

でも、何回も同じことを繰り返す場合などには、

親が本当に怒っているということを示しましょう。

家では、部屋の片隅に座らせる、しばらくおもちゃを取り上げるなど、

とにかく、他にすることのない状態にします。

そうして、子どもに言うのです。

「どうして、ママがこんなに怒っているか考えてごらん」

「どうしてママが怒っているかわかったら言いに来て」

しばらく泣き叫ぶかもしれませんが、そこで折れてはダメです。

「ママが、何回も触っちゃダメって言ったのに、言うこと

聞かなかったでしょう。 だからママ怒ったのよ」

もし、子どもの危険を回避するために怒ったことであれば、

それもきちんと説明しておきましょう。

「アイロンを触るとやけどするから、やけどしたら、痛いのは○○ちゃん

なんだよ。 ママ○○ちゃんを守ってあげたいから叱ってるんだよ」

叱るというのは、愛情があるからです。 

どうでもいいなら叱りません

そのことをしっかり愛コミしておきましょう

そうしないと、子どもの頭には、お母さんから、ただただ

怒鳴りまくられたという思いしか残らないかもしれません。

一つの出来事を完結させる。 そのためには、きちんと謝らせる

ところまでやりましょう。

厳しく叱った後に、子どもを諭したり、謝らせたりするとき時には、

必ず、手を握ってあげるとか、肩に手を載せるとかの

愛タッチを使ってください。

「あなたを愛しているよ」「あなたが大事なのよ」

というメッセージを込めます。 

それで、後を引くことなく、子どもも、そしてお母さん自身も

スッキリできるのです。

メニューを閉じる



メニューを閉じる