創作童話

20.ぼくは生まれて20ヶ月

実験もそうだけどね、お母さんがやっていることも

まねっこしたくなるんだ。

高い所のものをおいすに乗って取ってみたく

なったり、お母さんがやっているみたいに、

雑巾をお水の中でバシャバシャしたり、

カーテンを開けたくてひっぱってみたり、

お母さんがお口に塗っているものぼくも塗って

みたくなったり。

大人がやっていることは、すぐまねてみたくなる。 見ていると簡単そうで、なんだかぼくにも

上手にできるような気がするんだけど・・・

でも、実際やってみると、むずかしくてなかなか、

思うようにできないんだ。 失敗して、頭打ったり、お水でぼくの全身がずぶぬれになったり、

お母さんの口紅折っちゃったり・・・

お母さんも困っているよね。

いつになったら、ぼく何でも上手にできるように

なるのかなあ?

練習なんかしなくても、すぐできるようになれば

いいのにね。

お母さん、上手にピアノ弾けるでしょ。

どうしてあんなに上手に弾けるの?

お歌だって上手に歌えるし、絵本も読めるでしょ。 それに、トントントンって包丁を上手に使えるし、

おいしいお料理作れるでしょ。

お父さんは、パソコンのキーボードをすごく早く

打てるし、自転車も上手に乗れるし、

車も運転できるでしょ。

ぼくも、もう一人で歩けるし、おいすにお座りも

ちゃんとできるし、何でも食べられるように

なってきたし、ものを押したり引っ張ったり

できるようになったのにね。

それでも、まだまだなんだよ。

大人になるってたいへんなんだね。

ぼくもお父さん、お母さんみたいにできるように

なるのかなあ。 ぼく時々不安になっちゃうよ。

練習はたいへんだし、お母さんを困らせて

しまうしね。

メニューを閉じる



メニューを閉じる