創作童話

13.ぼくは生まれて13ヶ月

ぼく、きのう「ボール」ってはっきり言ったよね。 「ボールで遊びたい!」って思ったら、口から

ボールって音がでたの。

お母さん、大喜びしていたね。 夜遅く帰ってきたお父さんにも、報告していたでしょ。

今度、お父さんにも聞かせてあげるよ。

頭で考えたことが、言葉で言えるって

ほんと楽しいね。

早くもっといっぱい話せるようになりたいな。

お母さん、ぼくに言葉をいっぱい聞かせてね。最近は、おかあさんが話す長い言葉もわかるようになってきたんだよ。

「お散歩いくから、しっかり戸締りしよう」

「スーパーに行って、ニンジンとキュウリ

買わなくちゃ」

「今日は、パパが遅いから、お婆ちゃんちに

行って晩ごはん食べよう」

すごいでしょ、ぼく。

それからね、ぼくはお外も好きだよ。

外で、お母さんがいろんな人に会うでしょ。

「おはようございます」

「こんにちは。 暑いですね」

「あーら、ひさしぶりー」

「遅れちゃってごめんなさい」

「さようなら」

「じゃあ、またね」

「失礼します」

いろんな表現があるんだね。 相手によって

変わるんだね。

そんなことも覚えなきゃいけないんだね。

ぼく、最近知らない人を見ても泣かないでしょ。 お母さんがいつもぼくを外へ連れて行って

くれて、いろいろな人と、楽しそうに

お話しているでしょ。

お父さんとお母さん以外の大人の人も、

怖くないってわかったからなんだよ。

お友達の中にはね、あんまり外へ出ないから、

「人がこわい」って言ってる子もいるよ。

かわいそうだね。

メニューを閉じる



メニューを閉じる