創作童話

11.ぼくは生まれて11ヶ月

ぼくはね、最近口と舌と唇を動かすことにだいぶ慣れてきたよ。 声を出すために口から空気を出す方法もわかってきた。

だから、結構声をだすでしょ、ぼく。

おしゃべりって楽しいね。 お母さんのまねっこして、ぼくもおしゃべりしてるんだよ。  まだ、ぼくが何を言っているか、誰もわからないらしいけどね。 もしかしたら、もうすぐ、お父さんとお母さんにもわかる言葉を話すかも知れないよ、ぼく。 フフフ(笑) ぼくのこと、しっかり見ていてね。

音を出すことと同じくらい、身体を使う遊びも面白い。 腕もね思うように動くようになってきたんだ。 いっぱい動くからいろんなことができるようになったよ。 楽しいなあ。

特にね、今は物を使って音を出すことにはまっちゃった。 二つのものをぶつけると音がするんだよね。 高い所からものを落っことしても音がするでしょ。 転がしても音がすることがあるよ。

お母さん知ってる?

音って全部違うんだよ。 同じものをぶつけてもね、音が小さかったり大きかったり

するんだよ。 だから、面白くって何回も

ぶつけちゃう。 ぼくがね、強い力でぶつけると、大きな音がするの。 すごいなあ。

それから、高い所から落とす方が大きな音が

するんだよ。 いろいろやってみて

わかってきたんだ。

でも、お母さん、「うるさいなあ」って

思ってるかなぁ。 たしかにね、ぼくも

うるさいって思う音もあるよ。

「いい音だな」って思う音と、

「いやな音だな」って思う音があるんだね。 ぼく、いやな音を覚えておくようにするよ。 そしたら、いやな音は立てないように

できるものね。

それまでは、ぼくにいっぱい実験させてね。

うるさいけど我慢してくれる?

メニューを閉じる



メニューを閉じる