平川裕貴ブログ

まもなく世界が変わる

2021年1月31日

日本時間の今日はアメリカは30日です。

アメリカ大統領選後、様々な動きが世界中でありました。

その中で「闇の10日間」と言われる期間があったのですが、

1月20日の合衆国株式会社のバイデンさん社長就任式から今日で10日です。

ということは闇が終わるのかもと私は思っています。

明日1月31日は、アメリカで「自由の日」と定められたそうです。

明日から2月中にいったい何が起こるか、本当に楽しみです。

ccp(中国共産党)は1月29日に終了したという情報もあります。

極秘裏に戦闘が繰り広げられていたようです。

もちろんマスコミでは一切報道されません。

 

また、3月4日には、アメリカ共和国の大統領就任式がフロリダで行われるそうです。

もうワシントンDCは首都ではありません。あそこは外国です。

共和国の就任式で発表されるメンバーにきっと誰もが驚くことでしょう。

わかっているメンバーをお伝えしておくと

大統領  ドナルド・トランプ

副大統領 マイク・ポンぺオ

国務長官 ジョン・F・ケネディ

芸術文化担当大臣 マイケル・ジャクソン

そしてなんとファーストレディは、

メラニアさんではなくダイアナ妃となっています!?

ね、ビックリでしょう?

 

実は、暗殺されたジョン・F・ケネティ大統領は生きていて、

本日?103歳で亡くなったそうです。

ですから、もう Jr はつけなくてもいいということ。

ダイアナ妃もマイケル・ジャクソンさんも生きているし、

エルビス・プレスリーさんも生きているらしい。

 

なんかもう訳が分からなくなりそうですね。

でも、こうして死を偽装してきたのは、世界を救う壮大な計画が

あったからなのです。

私達が習ってきた歴史は、大きく塗り替えられることになるでしょう。

偉人聖人と言われてきた人達が、実は全く違っていたことに驚くことになります。

 

どこから何から話したらいいのかわからないくらい多くのことが

この数か月で起こっています。

それらの事実を皆さんが知る日も近いでしょう。

心の準備をしておいてください。

ショックを受けるかもしれませんが、それは、私達にとって

とても喜ばしいことです。

子ども達の未来が素晴らしいものになるということです。

 

私は、「勝つためにズルをしてもいい」「嘘をついても勝った方が得」

なんて社会にならないことを祈っていましたが、もっともっと

いろいろな面で、社会がよくなります。

日本にまで影響が及ぶには、少し時間がかかるかもしれませんが、

今の出来事は、世界中でほぼ同時に起こっていますから、

それほど長くはかからないでしょう。

 

みんなで、世界が良くなることを祈りながら、

楽しみに待ちましょう!

 

アーカイブ

メニューを閉じる



メニューを閉じる