2019年3月25日

リリパットでは英語が話せるようになりますか?

ほとんどの英語プリスクールでは、先生が一方的に話したり、指示したり、リピートさせているようです。 正直言いますと、その方が子どもをコントロールできるので、保育者としては楽なのです。 ですが、先生が一方的に指示して子どもを動かすだけでは、聞く力は付いても話す力は身に付きません。
幼稚園型英語プリスクール リトル・キンダーでは、先生が一方的に話すのではなく、子どもに話す機会をふんだんに与えています。 何かを教えると必ずそれについて先生が質問して答えさせるようにしていますから、幅広い内容の質問に答えられます。
また、30分の日本語タイム以外は、トイレや食事など園での生活で起こることや、外遊びでもすべて英語で話しますから、本当に日常生活に密着した役立つ英語が身に付きます。 リトル・キンダーの子ども達は、「英語で話すことが当然」という意識になっていますから、日本人同士でも、遊びの時間でも英語で話します。
話す力については、ネイティブの子どもと変わらないほどの会話力がつきます。

最近の投稿

アーカイブ

メニューを閉じる



メニューを閉じる