2020年1月17日

今年度初クッキング

金曜日

今日は、今年初クッキング。

メニューはてまり寿司にしました。

用意した具材は、マグロ、サーモン、ハム、卵、カニカマ、べったら漬け、きゅーり。

すし飯は、ひじきやちりめんじゃこを混ぜて作っておきました。

生魚が食べられない子や、嫌いなものが食べられない子は、他の子に

あげるように言っておきました。

 

今日は、卵パックを持参してもらいましたが、それを使って作りました。

卵パックにアルミホイル(サランラップでもOK)を敷いて、穴に添わせておきます。

その穴の底に具材を置き、その上にすし飯を載せて押します。

全部の穴に具材とご飯を載せたら、お皿に上にひっくり返します。

丁寧に、アルミホイルをはがすと、かわいいてまり寿司の出来上がり!

ほとんど、手を汚さずにできるはずでしたが、

何人かは、勝手にご飯を握り始めて、手がご飯粒だらけになった子も(笑)

 

卵パックの代わりに製氷皿やたこ焼き器でもできます。

卵を使って、アルミを穴に添わせましたが、ラップは

くっつくので、やりにくいかも。

クラフト感覚でお料理ができて、子ども達は結構喜びました。

 

最後は、拭き掃除をして終わりましたよ。

 

PS。

昨日、スクールが終わってから、卒園生のはなちゃんが

子ども達へと、小さなかわいい赤いテーブルと、英語の絵本をたくさん

持ってきてくれました。

はなちゃんは、今小学6年生、私立の小学校へ通っています。

今年もう中学生です。

 

はなちゃんのお母さんが、

「リリパットに通わせていて本当に良かった! 英語はすごく助かっています。

やっていなかったら、本当にたいへんだったと思います。

それから、子どもが小さい時の悩みは、その時は大変だと思ったけれど、

後から振り返ると、本当にかわいいものだったと思います。

今のお母さん達にぜひ、伝えてあげてください」

とおっしゃってました。

本当にそうなんですよね。

 

最近の投稿

アーカイブ

メニューを閉じる



メニューを閉じる